• HOME
  • column
  • 食事
  • 食事中に水分を摂ったらダメと言われるのは本当?水分を摂るべきタイミングとは

食事中に水分を摂ったらダメと言われるのは本当?水分を摂るべきタイミングとは

食事

辛いものや味の濃いものを食べるとき、水をガブ飲みしてしまいますが「それは止めたほうが良いよ」と指摘された経験はありませんか?日頃は水分をたくさん摂るべきと言われているのに、なぜ食事中は避けるべきなのか?不思議ですよね。今回はその理由について詳しくご説明し水分を摂るべきタイミングについてご提案します。

食事中に水分を摂り過ぎてはいけない理由

さっそく食事中に水分を摂ってはいけない理由についてご説明します。

大きな物を流し込むと消化に時間がかかってしまうから

食べた物は胃酸を使って消化しますが、水やお茶などの水分をたくさん摂りながら噛まずに流すことで、固形物が胃にたくさん入っていき、胃酸は余計に働かなくてはならなくなります。もちろん大きいものだったら消化に時間がかかりますよね。

太りやすくなるから

消化に時間がかかるということは長い時間食べた物が体内に滞在することになり、それは「太る」ことを示します。また「カレーは飲み物です」と言われることがあるように、食事中に食べ物を水分で流し込んだり、苦手な食べ物をお茶や水で流し込んだりする行為、やっていませんか?!これは噛むことを省略してしまう、咀嚼回数を減らす行為です。私たちの身体は噛んで唾液を分泌させることで消化酵素を出して、消化器官を活発に働かせるというシステムです。それを省略すると食べ物を上手く消化できず胃腸に負担を与えます。もちろん唾液が出ないと満腹中枢が刺激されないの、過剰に食べてしまう、食事中に水分を摂りながら流し食べをするのは良くありません。

眠気を誘うから

消化させるために身体のエネルギーや血流を胃に集中させるので、他の器官の働きがおろそかになります。もしかすると仕事で集中しなくてはならない場面で眠気に襲われてしまうのは、食事中に水分をたくさん摂ってしまい胃酸の働きを邪魔しているからかもしれません。また、疲れやすいと感じるのは胃腸に負担をかけているからかもしれませんよ。

食事中に水分を摂り過ぎないための対策

  • 流し込む癖を改める
  • 噛むことを意識する
  • 予め水分を摂っておく

胃に負担をかけないようにするには、食事中に食べ物を水分で流す癖を直す必要があります。すなわち、食事中は必要以上の水分を摂らないようにして、噛むことを意識しなくてはなりません。食事中も味噌汁やサラダなどで水分を摂取するので、水分不足に陥ることはありません。どうしても水分を欲した場合はコップ1杯分くらいにとどめておくと良いでしょう。また食事をする30分くらい前に水分を摂っておくと胃腸の働きが良くなります。

水分を摂るならミネラルウォーターがおすすめ

水分といっても色々な種類がありますが、日本人はお茶を飲むことが多いです。確かに緑茶などには殺菌作用がありますが、緑茶にはカフェインも含まれるため、出来ればお茶よりもミネラルウォーターを飲んだ方が良いでしょう。また、ミネラルウォーターは日本人に不足しがちなミネラルを水分補給とともに摂取することができます。カロリーも脂質も糖質もないので太ることを心配せずに飲めますよ。
健康的なボディを保っている人や肌が綺麗な人たちの多くは1日に約1リットル半くらいミネラルウォーターを飲んでいるそうです。ちなみにミネラルは腸に働きかけるので便通が良くなります。日本人の口に合うのは軟水、ミネラルウォーター各社は国内の美味しい水を販売しています。お好みの味を探してみてください。

食事中以外で水分を摂るベストなタイミング

食事中以外で水分を摂るベストなタイミングをご紹介します。水分摂取はカロリーや胃腸に負担をかけない水にしましょう。

  • 起床時
  • 就寝前
  • 運動中
  • 運動後
  • 入浴前
  • 入浴後
  • 空腹時
  • 食事の30分前

食事中は水分をたくさん摂り過ぎるべきではありませんが、水分が不足すると血液やリンパの流れが悪くなり、それは脱水症を引き起こす可能性があります。ぼんやりしたりイライラしたり、酷くなると吐き気や手足の震えが起こったりします。食事中以外で、上記に挙げたようなタイミングでは特に水分を補給するようにしましょう。
起床時・就寝前・入浴後・運動中に水分を摂るべき理由は、大量の水分を失った状態だから、もしくはそれを予防するためです。また入浴前に水分を摂ることで発汗を促し、発汗により体に不要なものを体外に排出させることができます。運動後に水分を摂ることで、乳酸の分解を早め、身体の疲労を軽減させることができます。また空腹時に水分を摂ることで、体内の老廃物を腎臓に送り尿を生成させます。また食前30分前の水分補給は消化器官を刺激し、摂取したものが消化しやすいよう助けます。特におすすめなのは起床後の水分摂取です。

最後に

食事中に水分をたくさん摂り過ぎることは、噛んで消化のサインを送るという健康にとって大事な行為を怠ることになります。水分を摂るのはもちろん大事ですが、食事中はなるべく避けて1日1リットルから1.5リットルを小分けにし、食事中以外のタイミングに飲むようにしましょう。日本料理を食べに行くと、締めのご飯を食べ終わるまでお茶は出されません。それは食材その物の味を楽しんでほしいからという理由もありますが、先人たちは食事中に水分を摂り過ぎるのは良くないということをわかっていたのかもしれませんね。

おすすめの記事

飲み物を水だけにすると人間の身体はどのように変わるのか?
【美味しいご飯の炊き方】ミネラルウォーターでお米を炊く時の3つのポイント!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT
ELEMENT AQUAでは、【人にエネルギーを・新しい価値観を・可能性をプラスする】というコンセプトのもと、人々の毎日に新しい可能性をプラス出来るような情報を発信していきます。

ABOUT

最新記事