• HOME
  • column
  • 食事
  • 水出し紅茶をおいしく飲むためには水が大事?!水出し紅茶を飲むメリット・デメリットと美味しい作り方

水出し紅茶をおいしく飲むためには水が大事?!水出し紅茶を飲むメリット・デメリットと美味しい作り方

食事

紅茶好きな方は多くいらっしゃると思いますが、水出し紅茶を飲んでいるという方は意外と少ないのではないのでしょうか?まず水出し紅茶ってなんだろう、という人もいることでしょう。
水出し紅茶とは、文字のまま水を使って抽出する紅茶です。普通にお湯でしか紅茶を飲んだことがない人は、紅茶を水で入れるの?と驚かれるかもしれません。水出し紅茶は、お湯で入れる紅茶に比べて苦味が少なく、すっきりしていて飲みやすいのが特徴です。抽出するのに若干時間がかかるのが難点ですが、夏などは熱湯で紅茶を入れて冷ます手間を考えれば、大差ありません。ここでは水出し紅茶を飲むメリット・デメリットや美味しく作る方法をご紹介します。

水出し紅茶のメリット

紅茶に含まれる「タンニン」は旨み成分のほかに、渋み成分も含まれています。これは80度以上の熱湯によって抽出されるので、水出し紅茶の場合、通常の熱湯で入れる紅茶よりも渋みが押さえられたものとなります。
紅茶の渋みが苦手な方もいるでしょうから、そういう方には水出し紅茶のほうがお勧めです。

水出し紅茶のデメリット

渋み成分が抽出されにくくなると共に、旨み成分も熱湯よりは少なくなってしまうのがデメリットです。また、水で抽出するので熱湯よりも時間がかかってしまいます。

紅茶を美味しく飲むために重要なのは水

茶葉は味が濃くはないので、水の味によって影響を受けやすく特に紅茶は水によって味が全く変わってきます。一言で言うと、紅茶に向いているのは軟水、向いていないのが硬水です。軟水とは、ミネラル分の含有量が少ないもの(120ml以下)、硬水とはミネラル分の含有量が多いもの(120ml以上)を差します。また美味しい紅茶を入れるためには空気(酸素)を多く含むものがいいとも言われています。

このことから、日本で紅茶をいれるなら水道水が一番適しているでしょう。日本の水道水も軟水であり、水道からポットに入れるときに空気分が含まれます。水道水をそのまま使うのに抵抗がある人は、水道水を一旦沸騰させて冷ましてから使ってもいいでしょう。この手間が面倒であれば、軟水のミネラルウオーターを使うのも手軽です。水出し紅茶ですので、ミネラルウオーターで軟水であればミネラル分も少なく味に雑味も加わりません。紅茶をいれる前に軽くペットボトルを振ると、酸素も含まれるようになります。

ただし沸騰させて飲む場合、ミネラルウオーターは使わないほうがいいかと思います。高温度で抽出される紅茶のタンニンと、ミネラルウオーターのミネラル分が結合し、成分が変化してしまうのです。
そうすると、紅茶本来の味から変わってしまうのです。

水に合わせた紅茶の種類

同じ軟水の水でも、使用する水にあわせて紅茶を選ぶとより美味しく飲むことができます。
水道水を使用して水出しするならダージリン、ミネラルウオーターを使用するときはセイロンティーがいいでしょう。

水出し紅茶が危険といわれている理由は

基本的に通常販売されている茶葉は、熱湯で飲用される前提で売られていますが、それらは海外から輸入される際、殺菌検査がされていないことが多いです。熱湯で紅茶を入れるのであれば、たいていは熱湯で殺菌されてしまうため問題ないという考えなので、問題なく販売されているのです。水出し紅茶を飲みたいのであれば、殺菌処理がされている水出し用の茶葉を使用するか、水出しする前に少量の熱湯で紅茶を濃い目に抽出して水を足す方法もあります。

カフェインを気にする人は水出し紅茶がおススメ

妊婦さんや小さな子供が飲み物を飲む場合、カフェインを気にする人も多いはずです。コーヒーでもカフェインレスのものを選んだり、極力飲まないようにされている人もいます。
ですが、紅茶が好きな人は我慢するのはつらいです。カフェインを気にするひとにこそ水出し紅茶がおススメです。紅茶に含まれるカフェインは熱湯で抽出される性質がありますので、水を使って作る水出し紅茶では通常よりも、抽出されるカフェイン量が少なくなるのです。

水出し紅茶の作り方

水出し紅茶の作り方は決して難しくはありません。

用意するもの:
冷蔵庫で保管できる蓋つきのピッチャーなど(ガラス容器がベスト)
ティーパックなら水250CCに対して1コ使用
茶葉であれば水500CCに対し7~8グラム
※濃いほうが美味しいからと茶葉の量を増やすと渋みが増すので注意

ピッチャーなどの容器に茶葉もしくはティーパックをいれて冷水をひたします。このさい水が冷たいほど澄んだ紅茶になりますので氷を数個入れるのも良いでしょう。このまま5~8時間冷蔵庫で茶葉を入れたまま冷やします。
ミネラルウオーター(軟水)のペットボトルに直接ティーパックを入れて作るのも簡単です。この際は、ティーパックを入れる前に、ペットボトルをよく振って空気を含ませるようにしましょう。

水出し紅茶を美味しく飲むためには

暑い季節に美味しい冷たいアイスティーを自宅で簡単に作れるのがわかっていただけたでしょうか。水の影響を受けやすい紅茶。せっかく作るのなら、ほんのひと手間かけて美味しく飲みたいものですよね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT
ELEMENT AQUAでは、【人にエネルギーを・新しい価値観を・可能性をプラスする】というコンセプトのもと、人々の毎日に新しい可能性をプラス出来るような情報を発信していきます。

ABOUT

最新記事