• HOME
  • column
  • 健康
  • 寝る前に水分を摂るのはいいの?!寝る前に水分補給する効果や注意点について

寝る前に水分を摂るのはいいの?!寝る前に水分補給する効果や注意点について

健康

寝る前に水分補給をしておくと良いと言われますが、女性は水分を摂ることが原因で起きる脚や顔のむくみを気にしてしまいますよね。また夜中にトイレに起きるのもストレスです。なぜ寝る前の水分補給が良いと言われるのでしょうか?今回は、寝る前に水分補給をするべき理由や、寝る前に摂るべき水分量についてご説明します。

眠っているときにも汗をかく?!寝ている間に水分が不足するとどうなる?

私たちは眠っているときも汗をかきます。成人が眠っている間にかく汗の量はペットボトル1本分とも言われています。私たちは眠っている間、汗をかくことで体温を調節したり、血液を使って身体中に酸素と栄養を届けたり、老廃物を腎臓に移動させ酸性に傾いた体内をアルカリに戻したりしています。眠っている間に体内の水分が不足すると、血液はドロドロになり、その状態で起床し血圧が上昇すると心臓に負担をかけることになります。本来起床時に血圧を上げるのは心臓を活発に動かすという意味では大事なことですが、血液がドロドロの状態で急激に血圧が上がることは、血管が破裂したり詰まったりする原因になりかねません。これは高齢者に限らず、どの年代の人も注意が必要です。寝る前に水分を摂ることが原因で夜中にトイレに行くのは面倒ですが、寝る前に水分をひかえるという行為は身体に大きな負担をかけることになるので、寝る前に水分は摂るべきと考えましょう。

寝る前に水分を摂ると得られる効果

上記をふまえて、寝る前に水分を摂ると得られる効果についてご説明します。

  • 成長ホルモンが活発になる
  • 脂肪の燃焼が活発になりダイエット効果がある
  • 夜中に喉が渇いて目を覚ますことがない

私たちは眠っている間に身体のあちこちを修復しています。血液がさらさらだとその働きが活発になります。例えば心身の疲れを癒したり肌のターンオーバーや毛髪の成長を促したりします。
また、眠っている間も身体は代謝しています。体内に水分が行き届き血液がサラサラだと血行が良くなるので代謝が促進され眠っている間も脂肪を燃焼させます。水分を摂って夜中に尿意を感じるのは嫌ですが、逆に水分を摂らずに寝ることで夜中に目が覚めることもあり、これは脱水症状を起こしていることを身体が訴えているのです。体内に適量の水分があると夜中に目を覚まさず朝までぐっすりと眠ることができますよ。

寝る前の水分は何を摂るべきか?!

ミネラルウォーターを摂取するべき

水分といっても色々ありますが、寝る前に摂るべき水分は、カロリーも糖質も脂質もないミネラルウォーターがおすすめです。お茶にはカフェインが含まれているものがあるので、カフェインの利尿作用によって夜中にトイレへ行きたくなる可能性があります。わざわざミネラルウォーターを買うなんてもったいないと感じる人もいるかもしれませんが、ミネラルを摂取することはとても大事です。

水道水を飲んでいれば良いという考えは過去の話

日本の浄水処理技術は世界トップレベルなので飲んでもお腹を壊すことがなく、水道水を飲み水にすることに抵抗がない人にとって、水を買うという行為はばかげていると感じるかもしれません。しかし、世界基準で考えると水を購入するのは普通のこと。日本でも約3割の人がミネラルウォーターを購入し、飲み水や料理に使用しています。また、水道水に抵抗を感じ、浄水器や整水器を設置している人もいますよね。日本の水道水の安全基準は世界一、もちろん水道水も安全な飲み物と言えますが、それでも水道水の塩素消毒臭は気になってしまうもの。安全基準を満たしてはいるものの、水道水の雑菌処理には塩素消毒が行われているため、微量の残留塩素は残ってしまっているのです。もちろん、水道水に含まれる残留塩素の量は、人間の体に害を与えるレベルではないとされています。

寝る前に摂るべき水分量は?

水分が必要だからとたくさん飲んでしまうと夜中に尿意を感じて起きることになるので、寝る30分くらい前にコップ1杯の水分を摂ると良いでしょう。

寝る前に水を飲むときの注意点

寝る前の水分補給で気を付けることについてご説明します。

寝る直前の水分摂取はひかえる

寝る直前に水分を摂ってしまうと翌朝に顔や脚がむくむので、直前の水分摂取はひかえるようにした方が良いです。

寝る前に冷えた水を飲まない

冷水は内臓を冷やします。また急に冷水を飲むと胃腸を刺激し、胃痛や下痢を起こすことがあります。また、冷水を飲んで内臓を冷やしてしまうと心地良い眠りにつけない可能性があります。

寝る前の水は飲み過ぎない

お酒を飲んだ日やコーヒーや紅茶を飲んで寝た日、夜中にトイレに行きたくなった経験はらいませんか?寝る前に飲む水分として、アルコールやカフェインが含まれている飲み物は避けましょう。また寝る前にミネラルウォーターも飲むときも飲み過ぎに注意しましょう。

最後に

寝る前に水分補給するのは脱水症を防ぐために必要なことです。適量だとむくみや尿意の心配はないので、寝る30分前にコップ1杯のミネラルウォーターを飲んで快眠生活を送りましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT
ELEMENT AQUAでは、【人にエネルギーを・新しい価値観を・可能性をプラスする】というコンセプトのもと、人々の毎日に新しい可能性をプラス出来るような情報を発信していきます。

ABOUT

最新記事